WiMAXの乗り換えたい!解約金を負担してくれるプロバイダがあった!

MENU

WiMAXの乗り換えたい!解約金を負担してくれるプロバイダがあった!

WiMAXを契約する時に知っておきたいのが、「解約金」と「更新月」です。
この解約金は解約時はもちろん、契約中のWiMAXを『別のプロバイダの乗り換えたい』と思った時にとても重要になってきます。
ですのでここでは、各プロバイダの解約金や更新月、乗り換え時に解約金を負担してくれるプロバイダを紹介します!

 

 

WiMAXの乗り換えのポイント!解約金と更新月とは

解約金

 

WiMAXの場合、更新月以外で解約を行う場合、プロバイダーの定める契約解除手数料が必要となります。
これを『解約金』と呼ぶ方が多いです。
そして、解約解除手数料のかからない月を『更新月』と言い、この更新月は契約した時期によって皆違います。

 

ですので上記の『更新月』と『解約金』を踏まえた上で、解約や乗り換えのを考える必要があります。

 

各プロバイダ解約金と更新月について

当サイトで紹介しているプロバイダの解約金と更新月は以下のようになっています。

 

解約金

プロバイダ

解約金

とくとくBB

とくとくBB

1〜24ヶ月:24,800円
それ以降:9,500円

Broad WiMAX

Broad WiMAX

12ヶ月以内:19,000円
13〜24ヶ月以内:14,000円
26ヶ月以降:9,500円

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX

12ヶ月以内:19,000円
13〜24ヶ月以内:14,000円
26ヶ月以降:9,500円

 

とくとくBB以外は同じ基準で解約金を設定していますね。
ここに記載したプロバイダ以外も、大体はBroad WiMAXと同じ料金設定となっています。

 

更新月

とくとくBB

とくとくBB

Broad WiMAX

Broad WiMAX

 

上記の画像を見る限り、更新月は端末が届いた月を0ヶ月とし、翌月から1ヶ月となるのは共通となっているようです!
ですので、2年契約で4月に契約したのであれば、3年目に入る5月が更新月となります。
この時に解約もしくは乗り換えを行えば、手数料は掛かりません。

 

WiMAXの乗り換え前に!解約方法

まず、解約や他社への乗り換えを行う場合には『今すぐ』解約したいのか、乗り換えたいのかが重要になります。

 

速やかに解約したい場合は、契約した期間に応じて解約金を払えば好きなタイミングで解約することができます。
ですので、急ぎではない場合は、上記の更新月内で解約を完了させるのが1番良いです。

 

次に、解約手順についてですが、プロバイダーによって差があるため事前にしっかりと確認をしておく必要があります。
プロバイダによっては電話での即日解約が可能なものもあれば、オンライン・電話・郵送・FAXなどの解約方法があり、それぞれ退会(契約解除日)が異なることがあります。

 

ですので、「更新月に解約を完了させたい」「月末にまでい今のを利用したいので、月の最終日に解約したい」といった場合は、どのタイミングで解約申し込みを行うべきか、事前にプロバイダーにしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

継続する場合何をすべきか

 

WiMAXの契約は、基本的に自動更新となっていますので、継続時には特に手続きは必要ありません。

 

WiMAXの乗り換えにおすすめのプロバイダはここ!

 

プロバイダーを乗り換える時に気を付けたいのが「完全にプロバイダーを解約したいのかどうか」という点です。

 

例えば、BIGLOBE WiMAXで提供されたメールアドレスを利用している場合、
プロバイダーごと解約してしまうとメールが使用できなくなってしまいます。

 

提供されているメールアドレスが必要ない場合には、プロバイダーごと解約を行っても全く問題がありませんが、
メールを継続利用したい場合はプロバイダーの契約を数百円の最低プランに変更し、WiMAXのみを解約する必要があります。

 

WiMAXで乗り換えを行う際には、プロバイダー側でメールやセキュリティソフトなどのオプション契約があるかどうか、
しっかり確認してから乗り換え手続きを行うようにしましょう。